鉄は熱いうちに打て! 若い時の努力がその後の人生を左右する!

若いうちに稼ぐという選択

,

,

システム開発ではスピードが肝心であり、プロジェクトが動き出した際にはシステムエンジニアは寝る間も惜しんで仕事をすることになるケースも多いです。体力的にも精神力的にも負担が大きいことから、若いうちにしかできない仕事という位置付けになっていることがよくあります。
30代のうちには寿命が来てしまうというのが通説であり、優秀で体力も精神力も充実しているエンジニアだけが40代になってもまだ現役で活躍しているという状況があるのは確かです。

その状況があるのは安定して働きたいという人にとってはデメリットになりますが、メリットと考えることもできます。
若くてエネルギーがあるうちに働けるだけ働いて稼ぎたいと思った時の、うってつけの職種になるためです。
必死に働いて稼ぐと考えると企業からの要求に応えていくことになり、残業をして目いっぱいに収入を増やすことができます。

システムエンジニアとしての寿命が近づいてきたら、退職してしまうという計画で働くことも可能です。
そして、その後は同じIT業界内で別の仕事に従事していくことも、他の業界に移って仕事をしていくこともできます。

このような考え方で、社会人としての人生を二段階に分けることができるのが、システムエンジニアとして働くメリットです。
退職を想定しておくことによって、それまでは必死に頑張るというモチベーションも持ちやすくなり、過酷な労働を行わなければならない状況にも抗うことが可能になるでしょう。