鉄は熱いうちに打て! 若い時の努力がその後の人生を左右する!

積極的に退職する理由

,

,

やりたくない仕事に従事することになってしまったり、業務内容や職場環境が自分に合っていない場合に、退職を考える人は多いです。
しかし、実際に決断することはできず、働き続けることになってしまうケースも少なくありません。仕事を辞めても次の仕事が見つからない可能性があることに加え、ここで諦めてしまうと新しい職場でもまた辞めてしまう恐れがあるためです。

これに対し、システムエンジニアは積極的に退職して次の仕事を探す傾向があります。これは、たとえ後ろめたいような理由もあったとしても、前向きに次の職場を目指そうという気持ちが生まれやすいからに他なりません。

システムエンジニアとして活躍を続けるためには、エンジニアとしての引き出しを増やしていくことが欠かせません。今の職場を退職して別の職場で働くことは新しい仕事の経験を積むことにつながり、エンジニアとしてより広く仕事に従事できるようになるための手段になります。
目標として多様な現場で経験を積むことを掲げ、積極的に転職をしているシステムエンジニアもいるほどです。
また、システムエンジニアはその寿命が短いとされていることから、若いうちにしっかりとエンジニアとしての経験値を上げようと考えている人もいます。

このような状況が業界として広まっていることから、どのような理由であっても退職をためらう必要性は然程ありません。前向きにエンジニアとして活躍できるようになりたいという気持ちさえ持てれば、退職を決断できるでしょう。
それを後押しするように求人数も多いことが、システムエンジニアにとってのメリットになっています。