鉄は熱いうちに打て! 若い時の努力がその後の人生を左右する!

寿命は短いがやりがいある仕事

,

,

システムエンジニアは、システムを開発する一連の過程において上流工程を担っています。
顧客が必要としているシステムの把握から、プログラミングのための細かい設計までを行っているケースが一般的です。企業の方針やプロジェクトの内容によっては、プログラムの作成に携わることもあります。
日々、新しい知識・技術を習得するチャンスがあり、専門性を高めてキャリアアップを望めます。
自身が開発に関わったシステムと日常生活で遭遇した時には、社会に貢献している喜びを得られます。特に自身のアイディアが採用されたシステムをユーザーとして利用する際には、何とも言えない充足感があります。

人との接触が少ない業種と思われがちですが、顧客のニーズに即したものを構築するために交渉することが度々あります。
システムに詳しくない顧客の場合には、専門用語を用いずに分かりやすくアドバイスしなければなりません。
プロジェクトの多くは複数のスタッフが協働して進んでおり、人とのコミュニケーションの機会が豊富です。相手の意図を的確に理解する能力が高まり、豊かな人間性が養えるでしょう。

研修制度を充実させているIT企業に入職すれば、未経験者でもプログラミングを始めとする専門知識を着実に身に付けることができます。

その一方では、世の中のニーズやトレンドを敏感にキャッチする必要があるので、加齢に伴って仕事に付いていけないのではないかという不安を感じる方が少なくありません。
35歳がシステムエンジニアとして第一線で活躍できる限界の年齢と言われており、将来に不安を感じている方は30歳目前に退職して新天地を模索する必要があるでしょう。
退職する際の注意ポイントやその後のキャリアについては、こちらの詳細ページの内容が参考になりそうです。